とある町長の個人記録

  1. 雑記
  2. 9 view

第19回 水巻町 コスモスまつり

 福岡県遠賀郡水巻町のマスコットキャラクターは「みずまろ」という名前で、島本町の「みづまろくん」と表記は違いますが、発音は同じだなということで、前から気になっていたのです。先日、水巻町の関係者の方からご連絡をいただいたり、Twitterでつぶやいていただいたりしておりましたので、一度どのような町か観に行きたいなと思っていたところ、コスモスまつりがあると知りましたので、急遽お邪魔してきました。

 6時25分の新幹線「さくら」で新大阪を出発し小倉駅まで2時間20分、そこから水巻駅まで30分ほどです。駅からは無料の臨時バスが出ていました。会場は「みどりんぱぁーく」という芝生敷きの広々とした公園です。10時の開会式の後に、美浦町長にお声かけさせてもらい、少しお話をしたり、「みずまろ」と一緒に記念撮影をしたりしました。

 その後、会場をうろうろして、みずまろの頭にもなっている「でかにんにく」を販売しているお店があったので、「水巻のでかにんにく」と「にんにく味噌」をゲットしました。でかにんにくというだけあって1片が本当にデカイです。

 さて、コスモスまつりということで、遠賀川沿いにコスモスがたくさん花をつけています。今日は風が強く寒いぐらいでしたが、河川敷も整備されていて、ぷらぷらと散歩をすると気持ち良さそうです。帰りは水巻駅まで3.4kmほど川沿いを歩いて帰りました。途中に伊豆神社という神社があり、しばらく歩いているとまた伊豆神社がありました。

 水巻町はのどかな田園風景が残っている町でした。その昔、石炭の需要があった時代は鉱工業で賑わっていたそうですが、その後はURなどのマンション開発や町営住宅の建設により、ベッドタウンとして栄えているそうです。今もわりと若い世代の転入もあるそうです。オランダとの交流があるそうで、中学生の派遣やホームステイの受け入れなどもしているそうです。小学校は島本町より1校多い5校、中学校は2校、幼稚園はなさそうです。保育所も公立は1か所のようです。でも、子育て支援センターやスポーツ施設、ホールなどは充実しているようです。

雑記の最近記事

  1. 北九州モノレール「北九州市観光大使“高田憂希”号」

  2. 第19回 水巻町 コスモスまつり

  3. 引っ越し

  4. 知人の出産祝い

  5. どこまで個人の話を聞いて応えるのか

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。