とある町長の個人記録

  1. 上下水道部
  2. 9 view

大阪府広域水道企業団 首長会議

10:00- 大阪府広域水道企業団 首長会議

 今日は朝からシティプラザ大阪にて会議でした。大阪府営水道を引き継いだ大阪府広域水道企業団では、「府域一水道」を目指しています。今日の議題は、「藤井寺市・大阪狭山市・熊取町・河南町との水道事業の統合に向けての検討、協議について」、「経営戦略 2020-2029(案)について」、「令和2年度当初予算案について」でした。

 その中で、すでに統合しているある市の今後の収支見通しが、統合前にシミュレーションした値とかなり乖離があるが、これはどういうことなのかという質問が出ました。企業団の事務方からは、当初のシミュレーションを作った時には想定していなかったり、企業団と市とのコミュニケーションが上手く取れていなかった部分があったという答弁がありました。具体的には、令和20年ぐらいまでは黒字でいけると言っていたものが、令和7年ぐらいから赤字になるというものでした。実に13年ほど前倒しです。

 当該市の市長からは「今後どのように収支を改善するのか」、「当初、住民には少しでも料金値上げを抑制したりするために統合すると説明していたが、ここまで大きな違いがあると説明がつかない」と言った声もありました。また、他の市長からは「今の事務局の答弁は、今後の統合に対してかなりリスキーな発言である」、「これから統合しようと思っている自治体に対してブレーキになるのではないか」と言った声も聞かれました。

 本町にとっては水は住民にとっての誇りであるので、統合するか、単独でいくか等、府域一水道に対してはかなりの議論が必要になると思いますが、確かにこれだけシミュレーション結果と乖離があれば、今後の検討は本当に慎重に行わなければなりません。統合するか、単独でやるかは、それぞれの推計値を元に議論しますからね。

上下水道部の最近記事

  1. 大阪府広域水道企業団 首長会議

  2. 自己水は維持、何かの時の企業団水、助かります

  3. 視察 五反田雨水幹線整備工事(第2期)

  4. 高槻、島本、2往復の日

  5. 主要課題レク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。